自衛官からトラックドライバーへ転職し、幸せな毎日に。

自衛隊を辞めてトラックドライバーへ転職

私は高校を卒業してから陸上自衛隊に入りました。

自衛隊を選んだ理由は簡単です。

安定していて女の子にモテると思ったのと、自宅から近かったからです。

自衛隊は楽だと聞いていたのですが、現実は甘くなく、かなり厳しい場所でした。

自衛隊を辞めたいと思った理由

特に上下関係には厳しく、ちょっとしたことでもお叱りを受けることになってしまいます。

更には自由に外出も出来ないため、遊びに行くことも出来ないのです。

外出するには結婚して敷地外にある家族寮に住むか、週末の休みの日に申請を出して通れば外出が出来ます。

しかし、外出したとしてもあまり自由はきかず、思うようには遊べませんでした。

おまけに上官になるまでは給料も大した事はありません。

賞与はそこそこありますが、なんせ毎月の基本給が少ないため遊ぶお金はあまりありません。

平日の仕事といえば主に身体を鍛えて、集団行動のようにチームワークを鍛えるような内容ばかりで正直つまらないです。

身体が引き締まって身体に自信は着きましたが、ここまでいい事など一つもありませんでした。

任期満了で退職、転職活動スタート

基本的に2年契約だったので、2年で退職することを決めた私ですが、やりたいことも見つかりませんでした。

また、仕事探しは退職してからでないと出来ないため少し苦労してしまいました。

そして、満期となり退職して実家に戻っての就職活動が始まりました。

普通自動車免許は自衛隊をやっている間に取得できていたので、特に問題なく探すことができました。

しかし、仕事探しは簡単ではなく自分が何をやりたいのかも解っていないために中々再就職先は決まりませんでした。

転職活動1か月を過ぎて再就職先が決まる

それから1ヶ月以上が経過した頃に、自分の性格を考えてやりたい仕事が明白になって来ました。

それが現在やっているトラックのドライバーなのですが、ドライバーの仕事に絞って探すと直ぐに職場は決まりました。

でも、最初は大きな車を運転した事などない私には苦労しましたが、1週間ほどで慣れて普通に運転できるようになりました。

トラックのドライバーは基本的に1人での仕事になります。

人と接することが得意ではなかった私には好相性で、

仕事内容も自衛隊で鍛えた体では正直楽でした。

この時私が思ったのは、やっぱり自分の性格をしっかり把握して、その仕事の事を理解してからやる方が良いと言う事でした。

自衛隊での経験は自分には辛い経験しかなかったように思います。

しかし、全てが無駄ではありませんでした。

自衛隊在籍中に普通免許を取得していなければ、転職活動はもっと長くなったと思います。

おかげで現在の仕事では、辛い事はほとんどなく毎日が幸せに感じています。

自衛官こそ転職サイトを使おう

自衛隊のスキルを欲しがる企業はどんなところ?

転職人材紹介のスペシャリストに任せてみませんか?

履歴書、職務経歴書は不要で登録できます。

リクルートエージェント
【リクルートエージェント】

無料登録はコチラ

自衛隊転職記事と広告