自衛官の転職活動は、任期に合わせて動いていたら間に合わない!

自衛官が転職するタイミングの一つとして任期があります。

2年、もしくは3年で任期満了になり、退職をする人が多いですから当然です。

しかし、任期に合わせて転職活動をしていると、

自分のやりたい仕事をみつけられなかったり…

妥協してブラック会社に入ってしまう危険性もあります。

転職を考えている自衛官には、任期前の退職直前に慌てて転職活動をしないようお願いします。

自衛官が転職活動する最も良いタイミングとは?

とある元自衛官の話ですが、

「転職しよう!」と思い立ってから直ぐに転職活動を始めたそうです。

転職活動と一口に言ってもやる事は幅広いです。

企業の情報集めだけではなく自分の意見や考えをまとめておいたり、転職エージェントとの関係構築など気になることはいくらでもあります。

自衛官には面接が苦手な人が多いのではないでしょうか?

上記の元自衛官も必死で面接の練習をしたそうです。

その為、転職活動期間は当初思っていたよりも時間がかかったそうです。

「早めに動いておいて正解だった」

おかげで自分が納得のいく、良い転職先をみつけられたそう。

任期満了に合わせて動くと危険?

もちろん任期に合わせて動く方はとても多いです。

3月~4月に合わせて退職者が増えるので、雰囲気に流されてワケもわからず転職活動する人もいるでしょう。

ただし、時間が足りない!と慌ててブラック会社に入ってしまっては意味がありません。

自衛隊を退職してからじゃないと転職活動ができないなんてことはありません。

まずは情報収集など、基本的なことならいつでも出来ますので早めに進めておくのがお勧めです。

とりあえず写真撮影からでも始めよう

まずは一番最初に写真撮影でもしておきましょう。履歴書などに添付する証明写真ですね。

最近は白い壁を背にして自分で撮影してしまう人も多いそうですが、

絶対に転職活動を成功させたかったら、スタジオに撮影にしましょう。

お金はかかりますが、自分で撮影する写真とは見栄えが違います。

プロのカメラマンさんが撮影するので、好感度が高く見えるように少し加工もしてくれます。

仕上がった写真は自分で写すのとは全然違います。

お守りのような気持ちで、プロの方にお願いしておいても良いでしょう。

転職サービスに登録して情報収集をしよう

次に転職エージェントへの登録と、情報収集をしましょう。

求人情報を収集するのではなく、転職活動の心構えや必要なポイントなど役立ちそうな点を手帳にメモしましょう。

転職エージェントに登録していると、転職セミナーのお知らせも届くようになるので、都合のよい休日なんかにも顔を出しておきましょう。

転職活動は初めて…という人にも役に立つ内容があります。

中にはちょっと強引なセミナーがあっても、参考になるところも多いので良いところは吸収しましょう。

「転職したいという気持ちこそ強いけど、どういう業界に行ったら良いのか全くわからない」

そういう人は興味のある業界の勉強もしておきましょう。

転職エージェントの担当者に相談することで、ネットや書籍からでは知りえない情報を聞き出すことも可能です。

転職エージェントは複数に登録してあたりまえ

そしていよいよ転職エージェントでの活動です。

転職エージェントは個人と個人の相性が大切です。

1つ目の転職エージェントで結果が思うように出なくても、2つ目、3つ目の転職エージェントに登録したことで大当たりすることもあります。

転職エージェント(担当者)との相性が悪いと、転職にかなり時間がかかります。

こちらから連絡しないと求人を紹介してもらえないエージェントもいますし、正直放置されている?と感じる場合もあります。

そのため、時間のある人なら最初から複数のエージェントに登録して、質の良い求人を持ってきてくれる担当者さんのところをメインに活動するのが良いと思います。

良い求人はタイミングを逃すと二度と出てこない

先述した元自衛官の話ですが、同じく後輩も後に転職しているのですが、彼の場合は任期に合わせて転職活動をしていたので結局時間がかかってしまってタイミングを逃してしまったそうです。

こういうケースもありますので、何事も早めに活動しておいて損は無いと思いますよ。

自分が後悔しない納得のいく転職をするには、

良い求人に出会うことと転職エージェントとの相性が大切です。

元自衛官でも面接で好印象を与えるスタイルと身だしなみ!

転職エージェントを使おう

転職サイトとは違い、非公開求人が多く、大手企業や専門的な業界に強みがあります。

転職活動は何から始めたら良いのか分からない人にも、担当者が付いて希望業界について面談もしてくれます。

転職活動中は平均で2社以上に登録している人が最も多いようです。

  • 非公開求人が魅力的な待遇が多い
  • 求人票に記載されていない情報が分かる
  • 内定がとれるよう個別で面接対応もしてくれる

自衛隊を辞めて後悔してませんか?

自衛隊を退職して再就職しても「自衛隊の方が良かった」と後悔する人がいます。それは転職に失敗しているからです。

必見、就職援護に頼らない!
自衛隊を辞めても後悔しない転職方法

 

自衛隊転職記事と広告