スポンサーリンク

自衛隊からブラック会社に転職する前に!ブラック会社の見極め方

転職で必要なスキル

自衛隊から新しい世界へ!

簡単なことではないとわかりつつ、新しい世界に対しての希望も多いと思います。

自衛隊を退職直後は「こんな仕事がしたい!こんな生活がしたい!」とキラキラ夢と希望だらけですよね。

しかし、実際に面接まで行くと、「あれ、この会社なんかヤバイかも…?」と思う会社も。

実は自衛隊からブラック会社に転職してしまう方はとても多いんです。

そのため、転職活動の際にはどんな会社がブラックなのか見極める必要があります。

スポンサーリンク

求人票からブラック体質を見極めろ!

アピールポイントで気づけ!

まずチェックしたいのはその会社のアピールポイントです。

とてもわかりやすいのが、

  • 「地元では有名な会社です!」
  • 「成長があなたを待っています!」

というもの。

普通の会社なら、業務内容や福利厚生など、具体的なアピールポイントがあるもの。

なんだか曖昧で、「結局どこがアピールポイントなの?」とわからないような会社はかなり高い確率でブラック会社です。

特にネットで求人を探す場合、気をつけるようにしましょう。

待遇で気づけ!

次に待遇です。あまりにもお給料が高すぎたりしませんか?

  • 月収50万円!
  • 未経験歓迎!
  • しっかり教育します!

とても魅力的な求人に感じてしまうのですが、これこそまさにブラックですよね。

未経験の人間に月50万円をポンと支払ってくれる会社なんて基本存在しません。

新入社員を教育するためには、1人あたり年に1000万円のコストがかかると言われているのに、いくら社会人としての経験があるからといってそんなに大盤振る舞いな会社は怪しいですよね。

自衛官時代の給料と同等の給料を目指して転職をすると、こういった金額だけに釣られてブラックに入社し、後悔する人も少なくありません。

一見、良さそうだけど…そんな会社はインターネットで検索してみましょう。

今の世の中、ある程度の規模の会社なら情報が出てきます。

公式HPから情報をGETすることも出来ます。

例えば社員のブログ。小さな会社だと、お知らせ欄に社員で行われたイベントの写真などが掲載されているケースも。

年末年始の休日もしっかりあるのかどうか、こういうところからチェックすることも出来ますね。

面接で気づけ!

そして、面接で判断することも出来ます。

定番としては、離職率を聞くという方法。

正直、小さな会社ですとパッと答えられないこともありますが、ある程度の規模なのに担当者が答えられないという場合はまず疑って良いでしょう。

有給休暇取得率を聞くのもアリですね。

単純に、担当者に去年は有給を何日取ったのか聞いてみるのが良いでしょう。

他にも、圧迫面接をするような会社は避けるのがベター。

一時期は大手でも圧迫面接を採用しているところがありましたが、問題になりました。

それでも続けているような会社に未来は無い、と割り切って次の会社に行きましょう。

ブラック企業の見分け方のまとめ

  • 会社のアピールポイントが曖昧
  • 給料が高すぎ
  • 離職率が高すぎ
  • 有給取得率悪すぎ
  • 圧迫面接

どれか一つでも当てはまり、尚且つ自分でも引っかかるところがあれば、ブラックを疑っても良いでしょう。

一度転職に失敗すると、次の転職活動にもマイナスになります。

なるべく自分の納得のいく会社に転職できるよう、様々な面から会社選びをして下さい。

関連:自衛隊を辞めて転職したいけど、仕事の方向性が定まらない人へアドバイス

関連:転職に向いていない自衛官の特徴を公開!当てはまったら要注意

[cc id=225 title=”自衛隊辞めたい後悔”]

タイトルとURLをコピーしました