自衛官を定年退職後、民間企業の総務部長に転職しました

私は転職前は、北部方面隊の札幌駐屯地に勤務していました。

この任地での最大規模の仕事は、毎年2月に開催される札幌雪まつりの準備作業でした。

知らない方がたくさんいらっしゃると思いますが、札幌雪まつりの準備作業は自衛隊がおこなっているのです。

とくに大変だったのは、降雪量の少ない年の準備作業でした。

札幌市周辺で降雪量が少ないときは、北海道全土から雪をかき集めて、雪像を制作していくのです。

このため時間との戦いです。そして、せっかく雪を集めても、暖冬のときは雪像が溶け始めてしまうため、雪像の形を維持するのも大変でした。

自衛隊在職中に感じていた独特の悩み

自衛隊在職中の悩みといえば、とくに北海道の有権者は自衛隊に対して厳しい視線を送る方がいらっしゃることでした。

このため、なんとか札幌雪まつりの準備作業をとおして、少しでも親しみを持っていただければと思ったものでした。

自衛隊の定年は、民間企業とは異なり50代です。ですから、定年退職したあとは転職活動をする必要があります。

しかし転職とはいっても防衛大学校を卒業して以来、いっかんして自衛隊で人生をおくってきたため民間企業で何ができるのかと自問自答してしまいます。

そこで、自衛隊OB有志で結成された転職を支援する団体などをとおして、民間企業を紹介してもらうことにしました。

民間企業への再就職後

転職活動の期間は、民間企業のなかには、どのような組織があり、どのような活動をしているのかを勉強しました。

図書館に通って本を読んだり、新聞を読んで勉強しました。

また、先輩の自衛隊員で民間企業で働いている方もいらっしゃるため、その方のところへ出向いて話をうかがうこともしました。

転職活動を6ヶ月ほどした結果、財務省の出身者が顧問を務めている印刷会社へ総務部長として転職することができました。

転職後はやりがいのある仕事に

そこで、人事採用や人事制度の改正、福利厚生制度の新設、社内コミュニケーションの活性化などに取り組みました。

転職して良かったと思えたことは、月に一度の社内報の発行を開始し、私が初代編集責任者となったことです。

社内報には、社長のメッセージだけでなく、1ヶ月間の会社の出来事やお祝い事、それに結婚した社員の紹介や、新入社員の紹介、子供が生まれた社員の紹介を掲載しました。

できるだけ明るいニュースを掲載するようにして、社内の融和を図ろうと努めたのです。

社内報を始めた当初は、あまり社員から関心を持たれませんでしたが、月日がたつにつれて皆さんが社内報の発行を楽しみにしてくれるようになり、私もやりがいを持って編集責任者の任を全うすることができたのでした。

定年退職後の転職活動で気を付けること

民間企業へ再就職する際には、自衛隊OBからお声がけしてもらうのが一番手っ取り早いです。

しかし、すべての自衛官にそのようなチャンスがあるとは限りません。

幹部自衛官であっても定年退職後は道路工事の旗振り仕事をする人もいます。

やはり大事なのは、ちゃんとした会社に再就職できるよう、しっかりと転職サポートを受けることです。

自衛隊にある就職援護では偏った求人しかありませんし、転職のプロがサポートしてくれるわけではありません。

だからこそ自衛官が使うべきなのが民間の転職サービスなのです。

 

自衛官が転職エージェントを上手に利用するには

自衛官から転職する際には、なるべく外部の転職サービスを利用するようにしましょう。

例えば「転職エージェント」は、登録者のスキルや経験に合った仕事や職業を見つける手助けをしてくれます。

また、企業側が「自衛官のようなスキルを持った人が欲しい」と思っていれば、向こうからスカウトしてくれることもあります。

転職エージェントはまさに「転職サポーター」であり、企業と転職希望者の「橋渡し役」なんですね。

そんな転職エージェントでも実は上手に利用しないと「転職に失敗」しちゃうんです。

転職失敗を避けるために

まず、言っておきます。

転職エージェントにはそれぞれ特色があります。

例えば、A社はIT系には強いけど、技術系はさっぱりだったり…

B社は大手企業とのパイプが強いけど、地方企業はまったくダメだったり…

一つの転職エージェントだけ頼っていると、自分には合っていない仕事ばかり紹介されたり、望んでいないのに焦って妥協しまくった企業に転職して失敗したりします。

そうならないためにも「複数の転職エージェントを使う」のが大切になってきます。

自衛官が登録すべき転職エージェント3選

まだどの転職エージェントにも登録していないという人は、次に紹介する3社にだけは忘れずに登録しておいて下さい。

この3社に登録しておけば、どの業界、職種にもバランスよく転職活動できるようになります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界国内最大手で求人案件数もNo.1です。全国各地に拠点があり、土日の相談やキャリアカアンセリングも相談者の都合に合わせた対応してくれるので、自衛隊営内者でも安心して転職活動ができます。

ちなみに、リクルートエージェントでは、「面接力向上セミナー」というものを開催しています。参加費用は無料で、転職に必要なノウハウを全て身に付けられるので受けて置いて損は無いです。

管理人からの一言

いち早く自衛隊を退職したい人は内定をもらった状態で中隊長に相談するのがベストですよ。とはいえ、転職活動で決め手となる面接苦手意識を持つ自衛官は多いので、面接力向上セミナーで「面接力」をつけるのは必須と言えます。

リクルートエージェント詳細を見る

@type

首都圏の求人が中心なので地方出身者にはあまり縁がないように思えますが、実は求人案件よりも転職に役立つコンテンツが有能で非常に人気があります。

その中でも「転職診断力テスト」は、現在の自分のスキルや経験から適正年収が分かるので面白いです。

管理人からの一言

「転職診断力テスト」では、転職する気はまだなくとも、自衛官としての民間企業での価値(年収)はどれくらいなのか分かるので、軽い気持ちでやってみて下さい。

無料の転職診断力テストを受ける

マイナビエージェント

#NAME?

関東エリアの求人に強く、東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富にあるのが特徴。

20~30代の転職サポートに強く、任期制自衛官の任期満了における転職者にオススメ!

人事&採用担当との太いパイプがあるので、細かな要望を調整してもらうのにも便利です。

管理人からの一言

応募書類の準備から面接対策まで、親身になって転職サポートしてくれます。

自衛官以外に職歴がなくて転職に不安を感じている人は、その旨を正直に伝えましょう。

そすると自分にあったサポートが受けられるので、転職活動もスムーズに行うことができるようになります。

マイナビエージェント詳細を見る

自衛隊転職記事と広告