自衛官こそ転職エージェントを使うべき理由!体験談


自衛官は民間企業からは魅力的だと思われている事実を知っていますか?

私は元女性自衛官で民間企業に転職を成功しました。

私が他の自衛官に転職のアドバイスをするとしたら「自衛官こそ転職エージェントを使うべき」と言うでしょう。

今回は、その理由をご説明いたします。

元自衛官が教える転職エージェントの必要性

任期制自衛官の場合は、任期満了に合わせて再就職先を探すかと思います。

また、幹部や曹クラスでも自衛隊を辞めて民間の会社に転職する人もいるでしょう。

そういった人たちにアドバイスしたいのは、就職援護よりも転職エージェントを使った方が自分に納得のいく仕事が見つかりやすいということです。

希望する業界、やりたい仕事、譲れない条件、待遇の確認など、就職援護サービスではこれらの調整は殆どできません。

しかし、転職エージェントを使えば、そういった調整を全て担当者が行ってくれるのです。

転職エージェントにはそれぞれに特徴がある

一口に転職エージェントといっても色々あります。

  • 第二新卒や20代~30代に強い
  • IT、エンジニアに強い
  • 年収アップに強い
  • 地域限定のエージェント

任期制自衛官であれば「第二新卒や20代~30代に強い」エージェントを選ぶと良いでしょうし、

幹部自衛官で途中退職であれば「年収アップ」や「IT、エンジニアに強い」エージェントを利用して、他業種を紹介してもらうのも良いでしょう。

実際に転職エージェントを使った感想

実際には私は転職活動の際、いくつかの転職エージェントを利用させて頂きました。

担当者が付きますので、会社というよりは人との相性が大きいかと思います。

あくまで私の場合ですが、それぞれの転職エージェントから感じた感想をご紹介させて頂きます。

『転職エージェントneo』

一番最初に利用したのが転職エージェントneoでした。

たまたま気になる求人が掲載されていたので、それをきっかけに何となく登録しています。

良い点ですが、提案数は他のエージェントと比べても結構多い方だと思います。

そのため、最初はやる気十分でした。しかし、おとり求人が多いように感じます。

この求人良いなと思って問い合わせをしてみると、終わってます…そんな答えがとても多かったですね。

逆に勧めてくるのはちょっと調べればブラックだと出てくるような会社ばかり。

求人の質が低すぎて、担当者さんにもうちょっと考えてほしいと言ってしまいました。

『リクルートエージェント』

リクルートエージェント
>>リクルートエージェント

リクルートさんは国内最大手の人材紹介サービスで、転職するならまずは登録必須と言われるほど評判が良いのは知っているのですが、私の場合は完全に担当者との相性でした。

女性の担当者だったのですが、どうして女性なのに自衛官なんですか?と聞かれたのです。

思わず「悪いですか?」と聞き返してしまったほど。

今思えば、私も自衛官ということにコンプレックスを持っていたかもしれません。

担当者はただ単に興味を持って下さっただけだったのかも…と今更ながら思います。

提案数も極端に少なかったのでもっと無いか聞いてみたのですが、「あなたのキャリアでは紹介出来ない」とのことでした。

元同僚はリクルートエージェントさんで素晴らしい担当者さんに当たったらしいので、単純に相性だったのかなと思います。

リクルートエージェント詳細

『パソナキャリア』

パソナキャリア
>>転職エージェントのパソナキャリア

一番じっくり話を聞いてくれたのがパソナキャリアでした。

担当者はこの業界が長いらしく、ベテランの風格のある方で話していて不快になるようなことも無かったです。

女性自衛官出身は前例が少ないだけで、実際に雇う側としては魅力的ですから心配しないで大丈夫ですよ、と優しい声をかけてくれました。

たくさん担当している人数がいるのでしょうが、サポートもとても細やかで評判通りでした。

提案数ですが、やや少ないと感じました。

ただ、数撃ちゃ当たれで出しているのではなく私の希望はもちろん、社風に合うかどうかもしっかり確認してくださったので質は最上級だったと思います。

おかげで素晴らしい会社に出会えました。

パソナキャリア詳細

転職エージェントは相性が大事

自衛官だから一般人に混ざって転職活動するのは不利というのは違います。

自衛官こそ転職エージェントを使わないと、自分に納得のいく転職ができないと思います。

就職援護では希望の仕事や条件・待遇など、細かに調整してくれませんが、転職エージェントを利用することで可能になります。

私の場合、最後にパソナキャリアで素晴らしい担当者様に出会えました。

しかし、逆にパソナキャリアとの相性が悪く、転職エージェントneoで良い求人に恵まれる方もいらっしゃると思います。

 

どの転職エージェントかで選ぶよりも、結局は担当者との相性です。

ダメならダメですぐに次に行った方が良いと思います。

転職エージェントの使い方

求人案件、面接対策、履歴書添削、給与調整など、自衛官が転職サービスで受けたサポートを紹介しています。

自衛官と転職エージェントまとめ


転職エージェントを使おう

転職サイトとは違い、非公開求人が多く、大手企業や専門的な業界に強みがあります。

転職活動は何から始めたら良いのか分からない人にも、担当者が付いて希望業界について面談もしてくれます。

転職活動中は平均で2社以上に登録している人が最も多いようです。

  • 非公開求人が魅力的な待遇が多い
  • 求人票に記載されていない情報が分かる
  • 内定がとれるよう個別で面接対応もしてくれる

自衛隊転職記事と広告