自衛隊から警察へと転職を考えている人も中にはいるでしょう。

実際に自衛隊から警察へと転職する人は多いのです。

その理由は色々とありますが、

自衛隊出身者が警察官へと転身するのに有利に働く…といったこともあるようです。

では、実際にどのようにして自衛隊から警察へ転職したらよいのでしょうか?

現在自衛官として働いていて、警察官への転職を考えている人は絶対に目を通してください。

コネで警察へ転職する方法があるって本当?

警察官へ転職する方法として大前提なのは、採用試験を受けるということです。

採用試験は筆記試験の他に面接や体力試験があります。

…ですが

「コネ」で警察官へ転職したという話を聞きませんか?

特に地方公務員としての警察への転職にそういった話が多いようです。

 

あらかじめ警察関係者に口利きをしてもらい、

形式だけの試験を受けて面接で合格にしてもらう場合もあるようです。

その場合は、警察に転職した自衛隊OBや

現職の警察関係者とのパイプラインを持っている必要があります。

しかし、ほとんどの自衛官は警察にコネなんかありません。

 

つまり、警察官になるには

採用試験を受けるしかないのです

試験は自衛隊に在籍しながら受けてもいい

自衛隊を辞めたいと考えている人の中には、

一度退職してから警察官採用試験を受けようと思っている人もいるでしょう。

 

それは絶対にやめてくださいね

 

近年、自衛隊を退職しても再就職に困るケースが増えてきています。

退職後に試験勉強をして受験して、落ちたらどうします?

 

採用時の面接で、無職期間の長い人と、無職期間が無い人、

どちらが有利に見えるかわかりますよね?

 

自衛隊に籍をおきながら

警察官採用試験を受けたほうが、

後々有利になってきます。

 

口利きやコネがない場合は、

自衛隊在籍中に試験対策をしっかりすることです。

 

試験に合格したら自衛隊を辞めさせてもらえる?

任期制自衛官であれば、2年~3年の更新が終われば

スムーズに退職することができます。

 

しかし、任期途中や、曹や幹部の自衛官の場合は、

次の再就職先が決まっていないと、

なかなか辞めさせてもらえないことがあります。

 

つまり、自衛隊から警察へとスムーズに転職したいのであれば、

下記のような順序が一番よいかと思います。

  1. 自衛隊在籍中に試験勉強

    試験日までにしっかりと勉強し、筆記だけでなく面接対策も行いましょう。

  2. 採用試験合格

    採用試験に合格するまでは、気を抜いてはいけません。自衛隊の仕事もしっかりと行いましょう。

  3. 上司に退職の意思を伝える

    警察への採用日を伝えて、それに合わせて退職の手続きをしてもらうようにしましょう。

 

転職先がきまっていれば、無理に引き留められることもありませんしね。

 

自衛隊在籍中にできる賢い試験対策とは

自衛隊在籍中に試験勉強をするとなると、まとまった時間がとれないので大変です。

1人で少しずつ参考書や過去問題集などを繰り返すのは、あまり効率的とも言えません。

 

予備校や専門学校で警察官採用試験の勉強をしたいところですが、

自衛官は営内居住の人が多いので、学校へ通うこともままなりませんね。

費用だって何十万もかかります。

 

でも、もしも

営内で時間をかけずに勉強できて

学校に通うより費用も安く

警察官採用試験の合格に近づける

方法があるとしたら?

 

この方法を他の人に知られたら、

ハッキリ言ってみんな「自衛隊を辞めて警察になる」っていうかもしれません。

 

それくらい費用対効果が高い方法なんです。

 

しかもですよ?

営内で試験勉強したとしても、

絶対誰にもバレないようになっているんです。

 

実は、この方法…

スマホからでも実践可能なんです!

 

休憩時間にスマホ弄ってゲームしてます~って感じで

こっそり試験勉強できるんです。

 

営内で転職他のための勉強するのって

誰かに見つかったら面倒ですよね?

 

  • あいつ自衛隊辞める気らしい
  • 警察試験の勉強とかして馬鹿じゃね?
  • 面白くないから邪魔してやろうぜ
  • 班長にチクってやろう

…などなど

 

自衛隊にいる限り、足の引っ張り合いが起きないとも言い切れません。

誰も見つからずに

こっそり試験勉強する方法…

 

今からお伝えする方法なら、

スマホで誰にもばれずに勉強できます!

試験勉強だけじゃない!面接対策も忘れないで!

1人で試験勉強してても、面接対策だけはどうにもなりませんよね?

ところがです…

この特別な方法なら…

 

元警部による受験指導サポートで

合格するまで面会、電話・メールにより指導、助言が貰えます

 

つまりこれって、

 

警察官にコネが無くても、

コネ並みのサポートが得られるってことですよ!

 

  • 営内で時間をかけずに勉強できて
  • 学校に通うより費用も安く
  • 最新の警察試験の出題予想問題が手に入って
  • 元警部からコネ並みのサポート付き

 

自衛官から警察官を目指す人は

この方法が最短の合格ルートになるはずです